So-net無料ブログ作成

最高の人生の終り方 4話 感想 哀川翔 [ドラマ]

最高の人生の終り方エンディングプランナー
第4話遺産相続白紙の遺言状の涙」の感想いきまっす!

ネタバレ注意ですv

せっかくかかってきた健人のTELは切れてかからず。

なにを考えているのやら?

営業に回る晴香、元気そうだけど、回っている最中に一ノ瀬とニアミス?

いつ気づくんだろ~?(ドキドキ)

「葬儀屋が営業なんてするなよ。縁起悪いだろ」

ラーメン店で出会った岡部秀喜 (哀川翔)に言われてすぐ、再会するハメに。ーー;

秀喜の父・啓介 (織本順吉)の葬儀を一之瀬の「 セレモニーホール太陽 」を見積もりで競ることに。

200万円も違う額に井原屋に決めた秀喜。

安く上げようとするのは会社のため?

あるはずの遺書をないと言ってみたり、弟の剛史 (小市慢太郎)を岡部組の社長にするとか言ったり、保険金があったりとなんだか複雑に…。

謎のケガをしてきた隼人が殊勝なことを言うのは、お金のため、だよなあ。(苦笑)

ちゃんとしたアリバイのない秀喜。

なにを隠しているのか??

健人は母親の違う兄弟だったのか~。

真人の話から始まったシーンは、遺言状の開封まで流れるように~って、なにも書いていないってマジですか?

「ちゃんと協力して」と叱られる真人、優樹の尻に敷かれているな~。^^;

心配して「なにかあったら言えよ」という真人に墓穴を掘る晴香。

隠し財産がないと知ってキレる隼人に、またもや食卓は殺伐とした雰囲気に…。

で、また晴香が手元にあるものをぶっかけて仲裁。

ホントに仲がよくない兄弟だけど、いつか仲良く大団円になるのかな~。

特に隼人と桃子。^^A

白紙の遺言状をみつめている秀喜は、一番良い人のような気がするんだけど、さて?

白紙にこめられた父のメッセージ。

真人は自分の親父の姿に重ねて、秀喜もそれを知っているはずと問い詰める。

「白紙の遺言状は、白紙じゃないですよね」

で、掘り出したのはタイムカプセル。

前振りがここでv

おおお、お父さん、素晴らしい~!>▽<。

秀喜の語りに、じ…んときたなあ。

巧いよ、哀川さん!

アリバイが嘘だったのも、社長を譲ると言ったのも、家を守りたい一心でやってしまった不正入札のため。

「もう一度、まっさらからスタートしようよ。兄さん」

剛史も良いこというなあ~v

小市さんもけっこう好きな俳優さんだから、良い感じで締めてくれるシーンは嬉しいですね☆

真人の健人に言いたい言葉ってなんだろう?

ラストの引きは、隼人の逮捕に、桃子のアレに、健人は脳腫瘍?

もやっとしているところが一気に~って感じでしょうか?^^A


今朝のはなまるマーケットで哀川さんが出演されていましたね。

お家の水槽や動物話も面白かったけど、100人キャンプが豪快で魅力的だな~と。^^

これ↓がそのキャンプのDVD♪


哀川翔 俺たちのキャンプ [DVD]
Amazon

打ち上げ花火も上げるそうで、行ってみたいな~!>▽<

山Pも参加したいと言っているみたいなので、今年は参加するのかな?^^

哀川翔さんのものをネットで探してみる?

楽天 > 哀川翔


Amazon > 哀川翔


nice!(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

トラックバック 5