So-net無料ブログ作成

平清盛 17話 感想 森田剛 [ドラマ]

平清盛第17話平氏の棟梁(とうりょう)」を観た感想いきまっす!

ネタバレ注意です☆

清盛は棟梁になって、ちょっとこざっぱりした?(笑)

「平清盛である!!」に盛国の「存じております」のツッコミがナイス! >m<

弓の稽古では、清盛の長男より次男の方が清盛に似ているのかな?

このシーンは、人物の人となりがわかる射方で面白い。

棟梁の務めは煩雑で多いなあ。

いきなりでそうそう上手くは回せないですよね。^^A

時子も宴の料理が足らなかったり、琵琶も止めてしまったり、としょっぱなからがたがた~。(苦笑)

家成からは歌を詠むようにとの難題も。

再会した義朝は常盤を妻に迎えていた~って、手が早い~。

心の支えって、由良姫は…。(苦笑)

由良姫も事情を知りつつ、頼朝には物分りの良いことを言っていたけど、ねえ。

惚れた方が忍耐ですね…。

為義は義朝を見限ったような言動をしていますね。

二の君をたきつけて、義朝と競わせようとするのか。

平家では時忠が要らぬことを三の君に吹きこみ、そのせいで時子は清盛に罵倒され~。

う~ん、いくらイラついていても「明子なら、もっとしかとした棟梁の妻になっておったぞ」とか言っちゃダメでしょ~。

あれはとことん落ちこむわ~。

その辺は時忠がフォローしてくれたので、清盛もちょっとは堪えたかな?

でも、こういう時子の切ない展開も好みかも。

後で仲直りしてくれればねv

子供たちは仲が良くてなによりv

歌会では、自分の子供らの名を連ねた歌を清盛は発表し、「歌」としてはボロボロ。

でも、その心情を語ると…。

ちょっとここのシーンは、じんときたなあ。

ここにいた面々の耳には痛い話だったろうなあ。(苦笑)

その後の清盛に対し、時子を守ろうとする子供たちのシーンもちょっときた~。>▽<。

ええ兄弟、ええ家族やないの~v

と、ほのぼのしたところで、為義と義朝は激しく決裂。

家臣の鎌田親子も主君を選び、ここでも親子の縁が切れる。

う~ん、どこもここも殺伐としていますね。--;

次回はもっと波乱がありそう?

時忠は時々はらはらする物言いがあるけど、良い感じのスパイスかも?

PU-PU-PU- [DVD]
PU-PU-PU- [DVD]
Amazon

ネットで森田剛さんのものを探してみる?

楽天 > 森田剛


Amazon > 森田剛



nice!(0)  トラックバック(12) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

トラックバック 12