So-net無料ブログ作成
検索選択

平清盛 20話 感想 西島隆弘 [ドラマ]

平清盛第20話前夜の決断」を観た感想いきまっす!

ネタバレ注意です☆

お、久々に西行が登場~。

う~む、戦かあ。--;

雨に打たれて身も心もボロボロの崇徳上皇と頼長。

相対する後白河天皇と信西。

清盛はどちらにもつかないと宣言。

戦の後のことを考えたという清盛に意見する頼盛。

確かに忠正が反論しないのは珍しいな~と思ったら、忠盛と同じ判断と感じたのですか~。

これって清盛を認めたということかな?

力のある平氏はモテモテ♪

義朝は後白河天皇につき、父・為義とは敵対する道を選び、清盛は「平氏は一蓮托生」一族の結束を心に決める。

後白河天皇は、清盛を呼び、一対一での話をすることに。

ここで、後白河天皇は「忠盛の志などこの先叶うことはない=武士の地位は変わらぬ」と断言。

「賽でも振って決めろ」と迫る後白河天皇に「戦にもあなた(後白河天皇)にも勝つ」と宣言する清盛。

後白河天皇の含み笑い、カッコいいなあ。

その言葉に、清盛は後白河天皇につくことを決めちゃった。

清盛の仕草、物言い、忠盛に似てきたなあ。

頼盛はイマイチ納得していない感じ。

常盤のみを案じ、由良御前のところに身を寄せるように、という義朝。

残酷なことをするなあ。--;

頼盛はやっぱり崇徳上皇につこうとするけど、池禅尼に反対されて、さて?

時子はというと、相変わらず能天気というか…(笑)

まあ、そこがいいんでしょうけど。

戦に発とうという時に、時子の妊娠がわかって、仲がいいなあ。

父と敵対する義朝は悲壮感すらあって、清盛とは対照的。

義朝への忠義を抑えこんで苦悩する正清に、為義も通清も優しすぎる~。>0<。

ホントに厄介な主を持ったねえ。(苦笑)

でも、これで正清は義朝の元に戻り、源&鎌田の親子が対決することに。--;

忠正の役割を頼盛が~と思ったら、忠正が頼盛を止め、自分が崇徳上皇に!?

連れ戻そうとする清盛に、「わしとおまえの間に、絆など、はなっからないわ!」という忠正の言伝。

それって本心か~?

頼盛を止めるための方便か?と思ったけど、清盛を奮起させるための発破かな?

その意図なら、効果があったようです。>清盛の顔

身内と敵対するという状況が、清盛と義朝、双方が同じとなったわけですか~。

次回は、つらい展開になるのかな? --;


西島隆弘セカンド写真集24
西島隆弘セカンド写真集24
Amazon

ネットで頼盛役の西島隆弘さんのものを探してみる?

楽天 > 西島隆弘


Amazon > 西島隆弘



nice!(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。