So-net無料ブログ作成
検索選択

平清盛 6話 感想 阿部サダヲ [ドラマ]

平清盛第6話西海の海賊王」の感想いきまっす!

ネタバレ注意です☆

清盛、とうとう海賊たちとやり合うけど、けっこう相手が強いですね。

一方的にやられて、バカにもされているし…。(汗)

乳父の盛康も矢を受けて重症。

凹む清盛が、単身唐船に向かおうとすると、ここでも通憲と同伴。^^

通憲から宋の話を聞いて、「宋に渡ろうぞ!」とは、単純すぎないか、清盛。(苦笑)

簡単に捕まり、兎丸と遭遇。

賭けを持ち出し、船の傾きで勝った清盛、ってあれは買ったことになるのかな?(笑)

アレも運のうちですか。^^

船は本格的ですね~、って、嬉しそうに見ている清盛、少年みたい。

兎丸は「海賊王になる」って、まんまルフィ。(笑)

兎丸も清盛を気に入ったのか、ようしゃべるな~。

「気が合いそうじゃ!」と敵と気が合ってどうするんだ、清盛。(苦笑)

朧月の息子=兎丸と知って、我を忘れた清盛、激高してしまって平忠盛の息子=清盛とばれてしまったがな~。

平氏の足手まといになってしまいました…。^^;

忠正も「兄上に清盛はなくてはならないもの」と半分は認めたのかな?

その後、清盛を矢から守ったしv

清盛が捕まったことで、逆に平氏がまとまった感じですね。

ずっと吊られている清盛、しんどいだろうなあ。

でも、その目に闇討ちに来た平氏の船を見た時は嬉しかったろうなあ。

忠盛VS兎丸、悲しい戦いやね。--。

忠盛危うし、の状態で、清盛が助太刀に。

兎丸に本音をぶつけながら戦う清盛、神妙に聞く忠盛は、清盛の心中を嫌というほどわかったでしょうね。

兎丸の処分をまかされた清盛は、兎丸の中に自分を見て、「共に生きてはくれんか」と。

ファイトいっぱーつ!

盟友ができた!ってところですね。

通憲はちょっとがっかりしていたような?

宋に渡るつもりが、おしゃかになってしまいましたもんね。^^A

御所では、女たちの戦いが。

ドロドロの予感ですけど、璋子は天然で我関せずなので、痛くも痒くも…っぽい。(苦笑)

義清は堀河局と通じて、なにを考えているのやら?

東に向かった義朝は、熱田神宮の宮司の娘・由良姫と出会い、がつんとかましています。^^

鼻っ柱の強い姫には驚きと共に、心揺れちゃうわけですねv

次回は、清盛にも出会いがv

色恋の話になるのかな?

楽しみ~v

阿部さんはちょこちょこ出てきて、存在感ありますね。

あのお茶目な雰囲気、阿部さんだな~と思います。^^

世界ウルルン滞在記 Vol.7 阿部サダヲ [DVD]
世界ウルルン滞在記 Vol.7 阿部サダヲ [DVD]
Amazon

ネットで阿部サダヲさんのものを探してみる?

楽天 > 阿部サダヲ


Amazon > 阿部サダヲ


nice!(0)  トラックバック(17) 

nice! 0

トラックバック 17

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。