So-net無料ブログ作成
検索選択

平清盛 8話 感想 山本耕史 [ドラマ]

平清盛第8話宋銭と内大臣」の感想いきまっす!

ネタバレ注意です☆

博多でカルチャーショックを受ける清盛。

子供のように好奇心を刺激される光景ですね。^^

新しいことに先入観を持たないのはいいなあ。

その対極にいるのが、今回登場の藤原頼長(山本耕史)なんですね。

目の上のでっかいたんこぶになりそう?

っと、家盛にもコイバナが!?

これまた平氏と自分の気持ちとの板ばさみになって苦しみそう~。

真面目なだけに、清盛ほど大胆にはなれず、悩むだろうな~。

宋との貿易に関して、忠盛が偽装…。

嫌な予感が…。(汗)

忠正は、表面上はどうであれ、心中ではまだまだ清盛を認めていないようですね。^^A

出た! 頼長!(笑)

堅物オーラビンビンですね。

清盛、宋の器を献上したらまずかったんじゃないの?

目ざとい頼長に目をつけられたっぽいぞ~。^^;

藤原家は陰湿な雰囲気だな~。

「徹底して粛清」って、頼長、絶対Sだよなあ。(苦笑)

まあ、中央が腐っているのは事実なので、正しいといえば正しいけど、どうもゴーイングマイウェイで極端に行き過ぎる予感が…。

崇徳帝も両親の行いでアレだとはいえ、義清とアヤシイ雰囲気に…。

義清の怯えようから、変なことにならなければいいけど。--;

なんでもアリっぽいからな~。(苦笑)

宋の品を見せるなり売るなり好きにしろ!なんて、やばい、やばいよ~、清盛!

義朝の留守中に、由良姫は為義に積極的に自己アピール。

その為義に叱咤するとは、末恐ろしい気の強さだわ。(苦笑)

内大臣になった頼長、現代だったらリモコンの位置を直しそうな几帳面ぶり。

で、為義のせいで頼長にとうとう呼び出されちゃった。

刑事のようのな取調べのような詰問だよ、怖い~。(汗)

すべて物的証拠を揃えて追いつめる、追いつめる~。

これで忠盛の偽装もバレた~!

清盛、開き直った!(笑)

「その目で確かめてみよ」という清盛だけど、堅物な頼長にはその思いは届かぬわな~。

頼長の冷静な分析と物言い、さすが~。

この辺で頼長への見方が変わったかな。

真逆なこの二人、タッグを組んだら無敵になりそうなんだけど、頼長の性格からしてそれは無理ですね。

真っ向から対抗してお互いが磨き石になりそうかな?

かなり頭が切れる頼長、どう動くか、出番が楽しみになりそう~!

最初は嫌な奴~という印象でしたが、実際に観てみたら個人的に注目株なキャラです。^^

兎丸の存在は要らぬことをして危なっかしいけど、良い感じで清盛を発奮させてくれますね。^^

清盛もややができて、良かったね~v

これでどんどん頼もしくなってくるでしょうね。

家盛はやっぱり自分の気持ちを押し殺しちゃいました。

うう~ん、これはこれで残念だけど、「らしい」ですね。

さてさて、次回はまたドロドロになりそうですけど、どうでしょ~。^^A

陽炎の辻 ~居眠り磐音 江戸双紙~ DVD-BOX
陽炎の辻 ~居眠り磐音 江戸双紙~ DVD-BOX
Amazon

ネットで山本耕史さんのものを探してみる?

楽天 > 山本耕史


Amazon > 山本耕史


nice!(0)  トラックバック(12) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

トラックバック 12

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。