So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

最後から二番目の恋 10話 感想 渡辺真起子 [ドラマ]

最後から二番目の恋」の第10話
大人の未来だって、輝いてる」の感想いきまっす!

ネタバレ注意ですv

家政婦…じゃなくて、典子は見た!(笑)

翌朝の千明、どうやらキスのことは覚えている?→で「しちゃいましたね」とあっけらかんと言う辺り、千明らしい。

でも、和平の寝言「ふゆみ」にちょっと意味深な表情?

典子が黙っているわけ、ないよねえ。

千明と真平に「Hとかしているの!?」って直球すぎ!(笑)

途中で茶々を入れる万理子がおもろい♪

和平の妻と勘違いしていた、で収まりそうな展開が「ふゆみ」=妻じゃないとわかって焦点がずれるずれる。(笑)

万理子も「告白を受け入れてもらえました」とKYな暴露!(爆笑)

それに真平は動じることなく「三角関係?」って嬉しそうな雰囲気だし?

しかし、ホントに「ふゆみ」って誰?と思ったら、ファーストキスの相手?

唐突な登場ですが、コメディだからいいか~。(笑)

つまりは千明とのキスが、ファーストキスみたいだったということかな?

え~っと、典子のメールの相手って一条?(苦笑)

これまたファンキーなオチ…。^^;

和平と言い合いたいとぷりぷりする知美。

会話にダメだしをしまくる知美に、必死に言い訳する和平、全然太刀打ちできないですね~。

ぽんぽん言い合いたいって、真平とは言い合えていたじゃん>知美

真平は検査を受けたってことは、生きることに欲が出てきたのかな?

栗山先生のミニ姿、素敵v

典子の生足も良かったなあv(どこを見ている)

千明のドラマ作りのこだわり、脚本家の声にも聞こえたり。^^

と、ここで不意に泣き始める万理子。

なにが心の琴線に触れたのかな?>真平のこと?

秀子は和平以外に好きな人ができた、と告げて、話のノリがすっかり女子会。(一方的に)^^

踏み台ってのは男のプライドを傷つけるよな~。

女子会では、生命保険の受取人の話ってシビアだ~。(笑)

BDのサプライズを喜ぶ歳じゃないって言っているけど、本心は違うよね~。^^

別居状態の典子に、広行が訪ねてきて紛糾。

凹んでいる典子に「よーしよしよし」と慰める和平、可愛いなあ。^^

ドラマの勉強をしている万理子は、脚本家にでもなるつもりかな?

「もう千明って家族になれば良いのに」というえりなの言葉に戸惑う真平と苦笑する和平。

スーパーで偶然出会う真平と知美、やっぱり良い感じの言い合いじゃん。

でも、当の知美には自覚がないんですね~。

長倉家では千明のBDパーティが始まる♪

ローソク担当が和平って笑う~。

さすがの46本、ボーボー燃えているし。(笑)

46歳を意識させて嫌味だと噛みつく千明に、和平が穏やかにBDについて語る語る。

こりゃ反撃できないねえ。^^

う~ん、真平と千明、恋人というより姉弟っぽいなあ。

またもや道でばったり出会う真平と知美、知美の「遠慮します!」この突飛さがまたいいな~。

言い合いを控えるという和平と千明の目に、言い合い真っ最中の真平と知美の姿が。(笑)

「ファンキーですね…」

うん、この二組、この方がしっくりくるでしょう~。

さて、次回が最終回。

あと1回で、千明と和平、まとまるのかな~?

個人的には、真平と知美もまとまってほしいし、典子は?とかまだまだ気になるところありますね。

次回も楽しみです♪

トルソ [DVD]
トルソ [DVD]
Amazon

水野祥子役の渡辺真起子さんのものを探してみる?

楽天 > 渡辺真起子


Amazon > 渡辺真起子


nice!(0)  トラックバック(10) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

トラックバック 10